初めてBABYMETALを聴いたのは、この曲でした。
よく声が響いて滑舌も良くて歌詞も聞き取りやすい、
まるで演歌歌手が唄っているのかと錯覚しました。

夜になってからネットで調べてBABYMETALの「紅月」
と判りました。
へたな演歌歌手も逃げ出すほどのヴォーカル、リピート
を繰り返し聞き惚れましたね。
翌日にはCDを入手してプレイリストに加える始末!
填まっていたわけです・・・SU-METALの声に。

紅月 ギターのイントロに続いて「幾千もの・・・」と
よくよく聴けば未だ幼さを感じる声ですが、それに勝る
SU-METALの響く声質が紅月の世界を歌い上げていく、
いったん引き込まれると実に心地いい。
そうなると幼く感じていた声が、むしろ純な想いの現れ
に変化していく。
<キッチリと填まった自覚>に自分でもあきれていますが、
これがヒットしないのは何故でしょうか?



SU-METALがもう少し大人に近づいて、
こんな風にならないといけないのでしょうか?